RSS
 

水素水のH2濃度測定

水素水のH2濃度測定

最先端の測定機器を備える東邦大学医学部臨床検査医学研究室に、水素濃度をシーン別に測定していただきました!

高品質かつ業界トップレベルの高濃度な水素水をお客様にお届けするのが私たちの使命ですが、皆様に本製品をお飲み戴く際にも、それぞれのライフスタイルにあわせて品質の持続をお約束する必要があると考えます。 実際に水素の溶存は、非常に繊細なバランスのもとに成り立ち、環境の変化にはとても敏感です。

“水素はずっと抜けないの?” “凍らせるとどうなるの?”などといった皆様からのご質問が寄せられる中、より信頼性の高いデータを示し、最適な対処法をお伝えするために、様々なシーンでの水素濃度測定をしていただきました。

最新の測定機器で得られる信頼性の高いデータ

水素水中の水素濃度は、ガスクロマトグラフィーにより測定しました。
測定機器:TRIltzerTM mBA-3000(株式会社タイヨー)

測定方法
ガスクロバイアルに50μlの水素水を加えて、密閉し、30分間超音波処理をした後、気相に放出された水素濃度を測定する。

  • 質問A 手元に届いたら、すぐに飲んだ方がいいの?[解析結果はこちら]
  • 質問B コップにあけて飲んでいいの?[解析結果はこちら]
  • 質問C 一度に全部、飲みきれないんだけど・・・[解析結果はこちら]
  • 質問D チアパックを凍らせてから飲んでもいいの?[解析結果はこちら]